みんなのひとこと

賛同出展者・賛同者のみなさんから、

このイベントへの参加に至った思いや願うことを

ひとことずつ寄せてもらいました。

 

 

MUSIC

越谷大杉っ子
(浜 富雄)
5年前の ある出来事を境に、30年以上弾き続けてきたアコーディオンが、大嫌いになり、ずーっと押入れの中へ。
今回のイベントを期に もう一度 アコーディオンと正面から向き合う決心をし出演をさせて頂きます。

キャティビーンズ
(山咲 ひとみ・宮本 ゆか)
ゆるやかに強くうたって奏でる2人組。
溢れる想いを溢れる色で、つくり出すはカラフル。

雑人(ざっと)
(池山 琢馬・宇佐美 守峰)
右でも左でもない、常に下から物事を見続けたい。
昔、「ぞうにん(雑人)」と呼ばれ身分階級にも入れてもらえなかった人たちの目線で、音を通じてなにかを伝えられたらいいなあ。

油田 陽一朗

せんざきあやの 私は、自分の中のうれしいやたのしいを大事にしたい。
でも、かなしいも、くるしいも、それと同じくらい大事にしたい。
ひとりひとりが「生きていることでもう満点!」って、自分にも、相手にもはなまるのはんこを押してあげあうようなつながりがつくれますように。

Yellow Soul
(西村 博美・上村 篤)
  地域、自然、暮らし、人、そして社会を小さな歌につむぎ、小さな集まりで歌う事が大好きなアコースティック・デュオ。
  歌詞を核にした音楽の世界に豊かな輝く命を見つける。逞しくも優しい大人の歌たち。
  CD Album「唄ニナル」とともに三重の人知れずの村からライブ活動に出かけ、各地で愛しい命の歌を響かせている。

日本鼻笛協会 伊勢友の会 吹いてても聴いてても、なんだか可笑しい。だってメロディの正体は鼻息だから。……鼻笛は、演奏するだけで笑いを生むことができるという、希有な存在。笑いとともに存在するこの平和な楽器・鼻笛の存在を広く知らしめるべく、NHK(日本鼻笛協会の略)は吹及活動を行っています。
「本当の豊かさとは何か……などと考える前に、まずは鼻笛でも吹いてみてはいかが?」

Q6
(黒田 誉喜・Q)
>> 「黒田誉喜」コメントへ

ART & EVENT

濱口 新平+大谷 清文 当日はピアニストの大谷清文さんとのコラボで僕なりの平和をインスピレーションで描きます。ひとりひとりの心が平和になったらみんな仲良くできるのにな。(濱口)
三重にある美しい風景を音楽に奏でて濱口新平画伯と幻想と瞑想イマジネーションの狭間に美しい希望と夢の世界を表現します。
創造はこんなにも我が目と心の中の近くにありすべての人が心通わせ愛しつながり合えますように祈りをこめて。(大谷)

もっかぐらFun!
(高橋 一浩)
平和への願い、希望、をアートで表すワークショップを開きます。
ベニヤ板を用意するので、そこにそれぞれの平和への思いをぶつけて描いて欲しい。
絵の具等はこちらで用意します。
描かれた絵は、もっかぐらfun!でカホンに仕上げ、学校・福祉施設等に寄付する予定です。

はりまや似顔絵工房
(前川 早苗)
みなさんの似顔絵を描きます。
未来につながる似顔絵です。
あなたの大切なものを聞かせてください。
たくさんの笑顔を描けるのを楽しみにしています。

新美 宇受女
(松原 由貴子)
〜私の世界からあなたの世界へ〜
世界とどのように係わっていくのかは、自分自身とどのように向き合っていくかということと同じなのかもしれません。
内を深めることで世界が広がり、内が輝くことで世界が輝く…。
それを書くことや描くことで表すことを楽しんでいるUzume World です。

広河 隆一写真展事務局

松原 豊 個人にできることはなんなんやろ?
持参した写真帳を見てもらいながら日常のことなどをゆるやかにはなしをする中で「わたし」「あなた」それぞれが共感できることの確認をしてみませんか。

黒田 誉喜 この世界の本当の姿は平和そのものだった。風が吹いて雨が降り、双葉が芽生え森が育つ。すべてが恵みだった。
僕たちはお金のために、その恵みを売り渡してしまった。
空は変わらず青いけど、川の水は飲めず、雨や風に怯え、食べ物は薬漬けになった。
僕は子供達に恵みを返したい。それが僕の夢です。

喫茶 ささやき
(emix)
ブックカフェです。本をおすすめしたり、ことばにまつわるWSを予定。童話「北風と太陽」の北風的な力強さではなく、太陽のように相手をひらくことばで平和を語ったり表明できたらと思い、あえて小さな「ささやき声」で伝えることにしました。
お越しのかたも、ぜひささやきの対話にご参加ください。

粉吹き屋
(長尾 悟)
生活の基準は楽しい食事。その食卓を彩る器を手作りしています。シンプルながら一器多様。
粉吹きの優しい風合いの器です。

ムーブメント平和と希望 ムーブメント平和への希望では、昨年末に亡くなられたベアテ・シロタ・ゴードンさんを追悼して、「映画 日本国憲法」の中からベアテさんのインタビュー部分を観て、それを「語り合い」への足がかりにしたいと思います。(林)

EAT & GOODS

はなうた
(いとう えりこ)
鼻息荒く経済成長を求める世間を横目に鼻歌なんぞ奏でながら、魂と身体が喜ぶモノをつくるコト 食べるコト。まずは 自分が静かな平和であるコト。
そんな心持ちで日々とりくんでおります。

天の庭
(大野 祐廸)
本当のことを知り
ウソのないもの
ウソのない心
当たり前に信じ合う
輪が広がれば
何と楽しい世界

ふロバのパンやさん
(RANG・松永則昭)
大切に育てた自家製RANG酵母で焼くパンを食べて、心も体もhappyに!!っと、そんな想いを込めて、RANGパンを焼きます。(RANG)
いろいろな形で自分の想いを表現できればと思ってるのですが性格上どうもそれがひねくれてしまって...
でもひねくれたなりに少しでも想い伝えられるものがあればと思います。
スタート地点は「風呂場」です。(松永)

らららcafe
(西岡 光一)

「楽しむ調和」

 

一雨(いちぶり)
(家崎 義章)

 

 

国際支援NGOあい
(山原 博之)
世界中どこへ行っても変わらないものがある。途上国も先進国も都会も田舎も・・・
それは、子供たちの笑顔(^^)その掛替えのない宝物を守りたいから。
単なる援助ではない支援として、ウガンダ(東アフリカ)のエイズ孤児たちが
作ったストラップ等々と、フェアトレードコーヒーの販売をしております。